Raspberry Pi 2でサーバ作ってみる(10) 〜Apacheビルド その2〜

前回でインストールが完了したので、各種設定を行います。
Apacheは結構いろいろあります。
SSLは別途準備が必要なので、まずはhttpアクセスできるようにします。

主な設定ファイルはこちら。
必要に応じて設定を施します。

他にもバーチャルホストやWebDAVなどいろいろあります。

自分は、予め設定ファイルを用意しておき、元のファイルを差し替えるようにしています。
設定項目も多いので…
いずれまとめたい。

DocumentRootの所有権を変えておきます。DocumentRootはApacheでhtmlコンテンツを置くところですね。
例えば、/wwwをDocumentRootとした場合、

#所有者の変更
chown -R apache /www

こんな感じ。

設定ファイルを準備したら、各種チェックを行います。
参考サイト:

よく使うhttpdコマンドのオプション

#バージョン表示。ちゃんとインストールされたかのチェックに使う
/usr/local/apache2/bin/httpd -v
#バージョンとビルド時の情報を表示するらしい。
/usr/local/apache2/bin/httpd -V
#httpd.confの構文チェック。「Syntax OK」と出たら大丈夫。
/usr/local/apache2/bin/httpd -t
#コンパイルされたモジュールを表示
/usr/local/apache2/bin/httpd -l
#ロードされるモジュールを表示
/usr/local/apache2/bin/httpd -M

設定がOKそうなら、Apacheの起動と終了。

#Apache 起動
/usr/local/apache2/bin/apachectl start
#Apache 終了
/usr/local/apache2/bin/apachectl stop
#Apache 再起動
/usr/local/apache2/bin/apachectl restart

で、いよいよSSLの設定ですが、長くなったので次に。

;(function(document){ var pres = document.getElementsByTagName("pre") for(var i=pres.length; i--; ){  var el = makeOl(pres[i]) pres[i].appendChild(el) } function makeOl(pre){ if (pre.className.indexOf("gist") !== -1) { return } var ol = document.createElement("ol") , li = document.createElement("li") , df = document.createDocumentFragment() , br = pre.innerHTML.match(/\n/g) || 0 ol.className = "preLine" ol.setAttribute("role", "presentation") // no lang, no line-number if( pre.className && ! /lang-./.test(pre.className) ){ br.length += 1 } for(var i=br.length; i--; ){ var li2 = li.cloneNode(true) df.appendChild(li2) } ol.appendChild(df) return ol } })(document)