Raspberry Pi 2でサーバ作ってみる(8) 〜JDKのインストール〜

参考にしたサイト
Raspbian (Debian Wheezy) on Raspberry Pi で JDK 8 (Oracle Java SE 8) | hirooka.pro
Ubuntu 14.04 で Oracle Java SE 7, Oracle Java SE 8 と OpenJDK 7 の共存 | hirooka.pro

JDKも任意のバージョンが使えるようにしたいので、バイナリからインストール。
JDKのバイナリはARM用のものがあるっぽいです。
2種類あるうち、RasPiは「Linux ARM v6/v7 Hard Float ABI」をダウンロード、
ファイル名を見ると、ARMv8は64bitで、v7以下は32bitみたいですね。
あとは、このファイルをRasPiに送り込みます。
とりあえず/src/というディレクトリに送ったとします。

JDKのバージョンは1.8.0_60です。インストールするバージョンに応じて変えてください。

cd /src/
#解凍
tar -xvzf jdk-8u60-linux-arm32-vfp-hflt.tar.gz
#/usr/localに移動
mv jdk1.8.0_60 /usr/local/jdk1.8.0_60
#汎用的に使えるようにシンボリックリンクを貼り、以後はこっちを使う
ln -s /usr/local/jdk1.8.0_60 /usr/local/jdk

ファイルが準備できたらupdate-alternativesを使って設定を行います。これだけ。

#java、javacを設定する。
update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/local/jdk/bin/java 1
update-alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/local/jdk/bin/javac 1
#確認
java -version

以下のような感じでメッセージが出ればOK

java version "1.8.0_60"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_60-b27)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.60-b23, mixed mode)
;(function(document){ var pres = document.getElementsByTagName("pre") for(var i=pres.length; i--; ){  var el = makeOl(pres[i]) pres[i].appendChild(el) } function makeOl(pre){ if (pre.className.indexOf("gist") !== -1) { return } var ol = document.createElement("ol") , li = document.createElement("li") , df = document.createDocumentFragment() , br = pre.innerHTML.match(/\n/g) || 0 ol.className = "preLine" ol.setAttribute("role", "presentation") // no lang, no line-number if( pre.className && ! /lang-./.test(pre.className) ){ br.length += 1 } for(var i=br.length; i--; ){ var li2 = li.cloneNode(true) df.appendChild(li2) } ol.appendChild(df) return ol } })(document)