Raspberry Pi 2でサーバ作ってみる(5) 〜Sambaのインストール〜

Raspberry Piでファイルサーバは割とメジャーな使い方っぽくて、
いろいろ情報は見つかります。
さらにずっと前に別のブログでインストールとかやってたので、
さらっと

#インストール
apt-get -y install samba
#設定ファイル
nano /etc/samba/smb.conf

設定ファイルには以下の記述を加えます。

   #ここは環境によrって変更
   workgroup = WORKGROUP
   server string = raspi.local
   netbios name = raspi.local
   #日本語のファイル名を使えるようにする
   unix charset = UTF-8
   dos charset = CP932
   display charset = UTF-8
   #シンボリックリンクの先にアクセスできるようにする
   wide links = yes
   unix extensions = no

末尾に共有したいフォルダの設定を記述します。
例えば、

#/share/hogeをfugaというフォルダで共有する
[fuga]
    comment = 説明文
    path = /share/hoge
    browsable = yes
    read only = no
    writable = yes
    create mask = 0775

こんな感じ。

で、次にSamba用のユーザを追加しようとする…が、smbpasswdがない
調べると、どうやらRaspberryPiはデフォルトでは入らないらしい。
Raspberry Piのsambaでsmbpasswdがcommand not foundって言われた - れみゅーぶろぐ
ここを参考に。

#smbpasswdが使えるように追加
apt-get -y install samba samba-common-bin
#Sambaユーザを追加
smbpasswd -a hoge

CentOS使ってた時と違うのはここくらい。
だいたい同じように扱えそうです。

;(function(document){ var pres = document.getElementsByTagName("pre") for(var i=pres.length; i--; ){  var el = makeOl(pres[i]) pres[i].appendChild(el) } function makeOl(pre){ if (pre.className.indexOf("gist") !== -1) { return } var ol = document.createElement("ol") , li = document.createElement("li") , df = document.createDocumentFragment() , br = pre.innerHTML.match(/\n/g) || 0 ol.className = "preLine" ol.setAttribute("role", "presentation") // no lang, no line-number if( pre.className && ! /lang-./.test(pre.className) ){ br.length += 1 } for(var i=br.length; i--; ){ var li2 = li.cloneNode(true) df.appendChild(li2) } ol.appendChild(df) return ol } })(document)